Top / 会社紹介 / 沿革

沿革

昭和17年 5月木造船建造を目的として焼津市港町に資本金19万円で株式会社焼津造船所を設立。
昭和23年 2月ソ連向曳船モデルシップを建造。
昭和42年 6月資本金を400万円とする。
昭和42年 6月東海瓦斯蠅離蹇璽蝓識人部門が独立して資本金800万円で東海瓦斯運輸株式会社設立。
昭和44年 6月焼津市小川の造船団地内に小川工場を建設。
昭和46年 9月焼津港修築事業に伴い本社を現在地に移転。
昭和48年12月東海瓦斯蠅了駛椹臆辰鯑世董∋駛楸發4,000万円とする。
昭和49年 7月ソロバン式引揚船台2基を増設。その他20トン高脚式門型走行クレーンを始め各種船舶造修用設備を拡充。
昭和51年 2月陸上機械事業部を新設し、陸上設備工事部門を強化。
昭和52年10月東海瓦斯運輸株式会社と株式会社焼津造船所は合併、東海造船運輸株式会社となり(資本金5,500万円)、造船事業部、陸上機械事業部、ガス運輸事業部の3事業部制を敷く。
昭和53年 7月資本金を2億円とする。
昭和56年 4月活餌低温畜養装置の実船化、船尾振動軽減装置(マジックブレード)の開発に成功し、販売・施工を開始。
昭和60年4月360度回転可能な推進装置(Tドライブ)搭載のロータリーパワーボートの開発に成功し、製造・販売を開始。
昭和63年 9月2号船台(ソロバン式引揚船台)を全長155mに増強。
平成 6年10月5号船台(ソロバン式引揚船台)を全長165mに増強。
平成18年12月タンクローリーによる液化石油ガスの輸送に加え、トレーラーによる液化天然ガスの輸送を開始。
平成19年8月本社に隣接する焼津ドック蠅療效狼擇啻ヂ羸瀏を含む機械設備を購入し、乾ドック1基・引揚船台3基・10トン高脚式門型走行クレーン1基他の船舶造修用設備を拡充。
平成19年10月TOKAIグループが新たに開始した飲料水の宅配事業において物流部門を担当。造船事業部、陸上機械事業部、ガス運輸事業部にアクア物流事業部を加え4事業部制となる。静岡県沼津市、焼津市、浜松市にアクアデリバリーセンターを開設。
平成20年 9月富士市にアクアデリバリーセンターを開設。
平成20年10月静岡市にアクアデリバリーセンターを開設。
Copyright© Tokaizosen-unyu Allrights Reserved.